CONSTRUCTION

耐震改修工事

JSPAC耐震工法

JSPAC耐震工法

JSPAC工法とはあらゆるコンクリート建築に対応する容易で最先端な補強工法として開発された次世代型耐震補強工法です。
本工法では、従来個別に施工されていた鉄板巻立工法および連続繊維シート巻立工法を併用。それぞれの長所を持ち合わせることにより、耐震性・施工期間・費用の面において優れた性能を発揮します。
KTブレース工法

KTブレース工法

KTブレース工法とは、鉄骨ブレース増設による耐震補強工法の一つで、斜材をH型鋼ではなく、すっきりとしたKTブレース(円形鋼管の端部にピン接合機構を有する引張・圧縮構造部材)を用いた工法です。
構造的信頼性だけでなく、構造材の美しさも実現する耐震ブレースとして、あらゆる構造の新築及び耐震補強に適用できます。

JSPAC耐震工法

選ばれる理由
施工フロー

KTブレース工法

特徴
施工フロー
部材姿図
↑pagetop